コラム

またまたインフルエンザの話

2018.01.25

 

インフルエンザは型によってワクチンを打っていても頼りにならない可能性があるので注意が必要・・・

 

インフルエンザは流行する型が20種類以上もあり、また新型が流行したりして、どのワクチンが効くのかは神のみぞ知る・・・
そんなカジノみたいな感じ?!

でも、もしインフルエンザにかかってしまっても、48時間以内にタミフルのようなノイラミニダーゼ阻害薬治療を受ければ、受けていない患者に比べて、重症化や死亡の確率を下げる効果があると断言する先生もおられるので、突然高熱が出たり、全身の倦怠感等、その様な症状が出たら、いち早く受診を!

 

その前にー


やはり、インフルエンザにはかかりたくありません。

帰宅時の手洗い、うがいは怠らないようにしたいものです。
予防のためにするうがいに「うがい薬」は必要ないと言われています。
というのは「うがい薬」によって、口の中に常駐している正常な細菌たちもやっつけてしまうからです。
健康な時は水だけでうがいを!

手洗いも念入りに!
まず指輪や時計などアクセサリーははずすこと
手のひら → 手の甲 → 指先と爪の間 → 指の間 → 親指 → 手首、出来ればひじまで → 清潔なタオルで拭く → 完全に乾いた後に消毒用アルコール
完璧!
「きらきらぼし」や「ハッピーバースデイ」を2回繰り返し歌いながらすると時間的にいいとか・・・。
ただ、皮膚が弱い人や手あれのひどい人は、消毒用アルコールはやめたほうがいいかもですね。

 

Writer  H  鉛筆

 

 

 

TOP