コラム

薬局とドラッグストアの違い

2015.08.04

ドラッグストア

調剤薬局

調剤薬局は薬剤師が常駐しており、調剤室で医薬品を調剤できる機能を持っています。
単に薬店に置いている一般用医薬品(風邪薬など)を販売しているところではなく、調剤と言う医療を提供する場所です。
ドラッグストアとの違いは日用品の販売などがなく、一般用医薬品も販売していないところが多いと思われます。
主に病院からの処方箋を持参して薬を処方してもらいます。

ドラッグストア

ドラッグストアは、本来調剤を行わずに一般用医薬品を販売するところでしたが、近年医薬分業が進んで院外に処方箋を出す病院が増えてきたため、薬局として薬剤師が常駐しているところも増加の傾向にあります。
その場合、一般用の医薬品も買えるし、処方箋で調剤もしてもらえて、さらに日用雑貨などの取り揃えもあるコンビニのようなイメージもあり、価格も比較的安いため薬を買わない場合でも多く使われます。

 

Writer  H  鉛筆

TOP