アルコールが効くウイルス、効かないウイルス

4年前にコラムで、トイレに座って携帯をいじるのは×××、という話をしました
その時に「スマホの画面をアルコールで拭いても感染症の原因となるウイルスには効かない」
と書きました

でも新型コロナウイルスのためにアルコール消毒出来る物が品薄になったりして大変でした
最近は普通に手に入る様になってきましたが

ウイルスは大きく分けると2種類に分かれます

『エンベロープウイルス』

『エンベロープウイルス』
は脂質の膜に覆われていて、その膜はアルコール消毒液で壊れてしまい、感染力が失われます
コロナインフルエンザヘルペス風疹、など
「ウイルス表面の突起が太陽コロナに似ている」「顕微鏡で見たウイルスの形が王冠(ギリシャ語でコロナ)の形に似ている」等の理由でコロナウイルスと名付けられたとの記述があるようです。

 

『ノンエンベロープウイルス』

『ノンエンベロープウイルス』は脂質の膜を持たないウイルスで、表面がアルコール消毒液に強く、効果がありません
ノロ
ロタ、など

 

 

アルコール消毒液は皮膚に強い刺激を与えるので、手荒れの原因になったりもします
『エンベロープウイルス』
も、『ノンエンベロープウイルス』

石鹸での手洗いで洗い流しましょう

 

関連ページ

  1. ヒアリ(火蟻)

  2. 花粉症の季節がやってきた

  3. 旬をいただく

  4. 消毒と除菌の違い

  5. インフルエンザのワクチンが不足??

  6. 食を楽しむ vol.8「ひとのからだは、食べたものからできている!」