新型コロナ 体験談


※画像:NHKニュースより(2021年5月11日)
 
新型コロナ、、、去年から未だに治まりそうにない気配ですが、、、

変異型の出現で予測がつかなくなってしまいました。

去年のゴールデンウィークにもコラムに書きましたが、また今年も同じ様な事になっているとは思いもよらず
「来年はもう収まっているだろうから、今我慢すれば・・・」とみんな頑張っていたはずなのに

去年より今年の方が、うんと怖いはずなのに、緊急事態宣言が出ても去年ほどの緊張感がない・・・

電車もホームも去年はガラガラだったのに、今年は「いつもよりちょびっと少ないかな」程度

初めに「若者にはかかりにくいし、かかっても軽い」という意識を植え付けてしまった事も一因だと思います


ここで、かるがも本社に来られている営業さん(20代)の体験談を上差し

お父さん『特に体調は悪くなかったんですが、たまたまやってみようかなぁ、とPCR検査を受けに行ったんです
すると、、、『陽性』・・・「えっっっ、ガーン
うそでしょ…と思いました

そこからは地獄のような日々
まず収容所に入れられるトラックみたいな車が迎えに来ます
一目でそれとわかる車で、家の前につけられるのは嫌だったので、
近くの駐車場に止めてもらって、歩いてそこまで行ってから乗りました
その時はまだ、医療のひっ迫は今より全然マシだったんですが、病院ではなく、ホテルへ

3日後位から 熱と、とんでもないくらいの喉の痛みと、とんでもないくらいの頭痛
体中の痛みと言ったら、インフルエンザの比では無いです!

多分、お医者さんはホテルにはおられなかったと思います
看護師さんはおられたのか…?
看護師さんの顔は1度も見てません、電話で話すだけです
電話がかかってきて、「熱は?体調は?」と聞かれます
薬は1度も出てませんし、飲んでません

狭いホテルの部屋からは1歩も外に出られません
親がタブレットを持って来てくれたので、少し助かりました

食事は栄養管理された病院食とは違い、揚げ物中心のお弁当で食べられなかった

色んな意味で地獄のような1週間が過ぎ、熱が下がったら「家に帰って良し」とお達しが、、
その時PCR検査は受けませんでした
受けると、絶対まだ『陽性』と出るので
でも発症してから10日で人にはうつさなくなると言う事で、自宅待機となりました

そこから自宅待機が続き、会社は1ヶ月休みました

もう、2度とかかりたくないです
だから、除菌スプレーを常に持ち歩いています』


若くてもこの様な事が起きるのかと、、、
彼のおかげで色々知ることが出来ました

発症してから10日でうつさなくなる、と言うのも初めて知りました
3日位で症状が治まる人もいれば、もっとかかる人もおられるでしょうが、
とにかく発症から10日だそうです

誰にも会えず、薬も飲めず、看護師さんと電話でちょっと話すだけ…
さぞかし不安だったろうなぁ
体調がマシになったらなったで、退屈との闘い
狭いホテルの部屋で
あぁ、想像しただけで怖い・・・
そんな思いをしたのに、免疫は2ヶ月くらいしかないそうで
またかかる可能性も

今はこの時より医療が大変な状態になっていて、
お医者さんにも看護師さんにも頭が下がる思いです
ワクチンさえまだ打っていない方たちが頑張っておられます

彼の場合、変異型かどうかの検査はしなかった様なのでわかりませんが、
変異型は、多分もっとしんどいのではないか?と私は思うのですが…
若い方も『ECMO(体外式模型人工肺 生命維持装置)』が必要になるケースがあるとか

早くワクチンが全国に出回るようになるまで、、、

ほんっとにコロナには腹が立って仕方ありませんが、、、
ほんっとに今年までのガマンと思って
政府の諸々は置いといて、、、ガーンもやもや​​​​​​​ムカムカ
頑張ろう…!
…と思う今日この頃です

 

関連ページ

  1. エボラ出血熱

  2. 花粉症の季節がやってきた

  3. 旬をいただく

  4. 旬をいただく

  5. 本日のお弁当

  6. 食を楽しむ vol.11「一般健康診断って何?」